断熱工法の違い

ecomocoで使用する断熱材はウレタンフォーム。
様々な面で、繊維系やプラスチック系の断熱工法に差を付けます。

断熱工法の違い

ecomoco

ecomoco

屋内の現場で
吹付け作業

繊維系断熱材(充填断熱)

繊維系断熱材(充填断熱)

屋内の現場で
躯体に打付け作業

プラスチック系断熱材(外張り断熱)

プラスチック系断熱材(外張り断熱)

屋外の現場でボードをカットし
その後、打付け作業

断熱材の施工比較

ecomoco 繊維系断熱材(充填断熱) プラスチック系断熱材(外張り断熱)
気密性 隙間相当
面積C値
複雑な形状にも隙間なく吹付けられるので、気密性が確保できる 成型品のため、隙間ができやすい。気密確保には正確な技術が必要。
施工性 ウレタン吹付け工事と同時に気密確保が可能 別途、気密施工が必要。
厚み お客様の指示に従った厚みに仕上げられる。(厚み測定を実施) 成型品のため、厚さは均一。
経年劣化 気泡内がもともと空気なので、断熱性能の低下はほとんど起こらない。 繊維内への湿気の進入により断熱性能が著しく落ちる。防湿フィルムの正確な施工が必要。 使用する材料によって内部発泡ガスが空気と置換されるため、断熱性能が落ちる。
工期 屋内作業のため天候に左右されず、最短1日で完了。(2~3人工/棟) 機密性を出すために防湿フィルムを施工する場合、ecomocoに比べて約3倍の人工が必要。 ecomocoに比べ約3倍の人工が必要。屋外作業のため、天候次第で工期が延長する。
施工現場 専用トラックで現場に横付け、施工後はごみを持ち帰るのでごみが残らない。材料保管の必要がない。 材料の搬入や材料保管スペースが必要。材料のあまりやカットくずが現場で発生する。
留意点 吹付け用下地が必要。 床下、小屋根に気流止めの準備が必要。 柱の厚みの空間が自由に使える。

ecomocoは様々な面で他の断熱工法に差を付けます。

ecomoco断熱とグラスウール断熱との比較

ecomoco グラスウール
10K
高性能
グラスウール
16K
熱伝導率(W/mK) 0.034以上 0.050 0.038
相当断熱厚み(mm) 68 100 76
湿気に対する抵抗性
ホルムアルデヒド等を含まない
対象物に接着する

断熱工法別の断熱性能と施工コスト

断熱工法別の断熱性能と施工コスト